動画制作の報酬は時給に換算した時にどれくらいになる?

動画制作の報酬は時給に換算した時にどれくらいになる?

動画制作を個人で引き受けた場合、なかなかこれといった明確な時給換算は難しいものがあります。
特にエンコードという放置しておく時間の計算がしにくいところで、パソコンの性能にもよるのでどのくらい掛かるかはマチマチです。
ただ、それでも作業時間で計算してみるとおおよその時給は出ますが、これも幅があり600円から2,000円ぐらいというのが一般的でしょうか。
慣れていない人の動画制作スピードならもっと下がりますが、平均的なスキルで600円以上、スピードが上がってきて1,000円を超えてきて、案件の美味しさによっては2,000円に到達するかといったところです。
これは短髪の案件か次に続くものなのかでも変わって来るため一概には言えず、安いから受けない方がいいと言いにくいのが難しいところです。
これから頑張っていこうと思う人はどんなものでもどんどん受けて、自分のスキルにしていくぐらいのつもりでやっていくと、そのうち稼げる用になっています。

動画制作をメインにしているフリーランスとは

動画サイトとそれを見る人が増えている事で、それを生活の糧にする人も増えています。
その影響で動画制作というスキルの需要が高まっており、フリーランスで活動している人もいるほどです。
特に有名な配信者の専属になって動画制作をしている人は、安定した稼ぎを出せるのでフリーランスとしても悪くない立ち位置にいるのではないでしょうか。
また、単独の依頼などもこなしていけばそれだけ収入が増えます。
人気配信者の映像というものはある程度セオリーがあり、一度それを習得してしまえば他でも使えるため、悪くない稼ぎ方と言えるでしょう。
元々は副業で小銭を稼ぐタイプの作業だったのですが、これだけ需要が高まって仕事がひっきりなしに来るようになれば、それはもはや本業としてやっていけるもののため、成り立っているのです。
パソコン一つで仕事が完結する部分も大きい要素であり、喫茶店などで作業している人が動画編集をしている可能性もあります。